タクシー運転手の稼ぎ方|車の運転が好きならタクシー求人を探そう|需要のあるサービス業

車の運転が好きならタクシー求人を探そう|需要のあるサービス業

このエントリーをはてなブックマークに追加

タクシー運転手の稼ぎ方

玩具のタクシー

高齢でも働けるのが魅力

タクシードライバーの魅力は高年齢になっても働くことができる点です。一般の企業は60歳で定年を迎え、65歳まで嘱託などで働ける所もあります。タクシードライバーの求人募集を見ればわかりますが、60歳を過ぎている人でも採用してくれるのです。タクシードライバーになるには二種免許が必要です。若い人の中には若いうちに二種免許を取得しておき、定年後にタクシードライバーになって働こうと考えている人もいます。年収は全国平均で280万円程度ですが、働き方によって増やすことができます。給料は基本給に歩合がプラスされます。基本給が低くなっているので、年収を増やすためには歩合で頑張ることになります。タクシードライバーは働き方が自由なので、年収を上げたいと思えば自分で頑張れば成果を出せるのです。

二種免許を取らせてくれる

タクシードライバーは常に不足している状態です。そのため二種免許を持っている人は年齢に関わらず採用してもらえます。50代前後で二種免許を持っていない人でも、タクシー会社が免許取得を面倒見てくれる所が多いです。そのようなタクシー会社では免許取得後の条件がありますが、安心して働くことができます。また会社組織に属してはいますが、労働の性質上、タクシードライバーは個人経営です。どこの駅前がお客を獲得しやすいかなどを自分で工夫して稼ぐことが可能です。経験を重ねれば重ねるほど、自分なりの稼ぎ方が身につくので、高齢になってから年収が落ちるといったことはないのです。例えば年収300万円のドライバーは、70歳になってもその年収を維持することができるのです。